二次関数/係数を求める

↓タップで拡大↓

二次関数/係数を求める

二次関数の式が\(y=(x-a)(x-b)\)という形に因数分解できれば、\(y=0\)を代入して\(0=(x-a)(x-b)\)となり\((a,0) , (b,0)\)で\(x\)軸と交点を持つ。これは多くの人が知っていることだろう。

逆に、\((p,0) , (q,0)\)を通る二次関数のグラフがあったとすれば、その式は

\(y=a(x-p)(x-q)\)

とすることが出来る。意外と見落としている人は多いので、この際覚えておいてしまいたい。

本問は\((4,0) , (p,0)\)を通る二次関数なので

\(y=a(x-4)(x-p)\)

とすることが出来る。さらに\((0,-2p)\)も通るので、\(x=0,y=-2p\)を代入すると

\(-2p=-4ap\)
\(a=\frac{1}{2}\)

となる。あとは\(b,c\)もそれぞれ求め、平方完成して頂点の座標を求めればよい。