乗除計算

前章・多項式の計算

↓タップで拡大↓乗除計算

指数の計算、例えば

\(x^2\times x^3\)

などは、一度もともとのかけ算

\(x\times x\times x\times x\times x\times x=x^5\)

というように直してから考えると分かりやすい。しかし実戦ではそんな時間はないので、練習して感覚をつかんでしまおう。また

\(x^2\div x^3=\displaystyle\frac{x^2}{x^3}=\displaystyle\frac{1}{x}\)

という計算もあるので、覚えておくといい。割り算はすぐ分数に直す癖をつけておこう。

3つ以上かけ算割り算がある場合も同様だ。割り算の部分をかけ算に直し、大きな分数の式にする。こうすることで、手早く解けるしミスも減る。試しに上の問題を地道に解いたとすると

\(4x^2y\div3x^2y^2\times6xy^2\)
\(=\displaystyle\frac{4}{3y}\times6xy^2\)
\(=8xy\)

となる。もちろんこの方法でも解けないことはないが、個人的には少々面倒な気がする。

\(\displaystyle\frac{4x^2y\times6xy^2}{3x^2y^2}\)

とする方法をオススメしたい。