有理数と無理数

前章・平方根の加減

有理数と無理数

簡単に覚えてしまうとしたら、「πと整数に直せないルート」が無理数であり、それ以外はすべて有理数である、としてしまって問題ない。整数はもちろん、少数や分数など、日常で扱う数はほとんどが有理数である。

次の中から有理数を選べ、という問題もよく見るが、真面目に有理数を抜き出すのではなく、無理数を先に抜き出して、残ったものが有理数、としてしまうと早い。