平方根の加減

前章・平方根の乗除計算

平方根の加減

文字式と同じような扱いなので、慣れてしまえば楽である。しかし、ルートの中身を数として意識してしまっているうちは、難しく感じるかもしれない。

そもそもルート同士のかけ算は計算するのに、なんで足し算は計算しないねん、という感じに思ってしまうかもしれない。

そう思ってしまうなら、一度図形的に考え見るのがいい。例えばルート2は、面積が2の正方形の一片の長さ、ルート8は面積が8の正方形の一片の長さである。

ルート2+ルート8=ルート10,つまり面積が10の正方形の一片の長さ…

とならないのは、図形を書いてみれば明白だろう。