y=ax^2変化の割合

前章・y=ax^2のグラフの性特徴

変化の割合

直線の式だと、「変化の割合=直線の傾き」だった。だが「あーはいはい、変化の割合ね、aの値ね」と同じように放物線でも考えてしまうと、間違えることになる。

本文にも書いてあるが、変化の割合はyの増加量⁄xの増加量で求められる。よくxの値やyの値とごっちゃになっている人がいるが、必要なのはあくまで「増加量」だ。xやyがいくつ増えているか、という点を見なければならない。

解答例のように、xとyの対応表を作ってやるのが手っ取り早い。増加量も考えやすくなるし、見た目もすっきりする。一石二鳥である。