特別な直角三角形

前章・三平方の定理

特別な直角三角形

「直角三角形があるから三平方の定理だ!」と思い込んで問題を見ると、「一辺しか分かってないから三平方の定理が使えない!」となって慌ててしまう。

そこで角度が45,45,90の三角形と、30,60,90の三角形は特別扱いして、辺の比を覚える必要がある。どちらも三角定規の形の直角三角形なので、なじみ深いし覚えやすいだろう。

1:1:√2は単純だが、本文にも書いてあるように、1:2:√3は斜辺に当たる部分が2なので注意する。また、直角が常に下側にあるとは限らないので、多くの問題を解いて慣れよう。

こちらの練習ばかりして三平方の定理の練習を怠ると、角度が分からない三角形でこちらを使ってしまう危険がある。

  1. 直角三角形があるが角度が示されていない場合→三平方の定理
  2. 45,45,90あるいは30,60,90の三角形がある場合→辺の比で計算

としっかり区別すること。