相似の証明

前章・相似条件2
参考・合同の証明

相似の証明

どの三角形とどの三角形が相似なのかは、ある程度見た目で判断することも出来る。明らかに形が違うものは相似ではないので、最初にどの三角形とどの三角形が相似なのか、アタリをつけて、そこから証明方法を考えればいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です