おうぎ形の弧の長さと面積

前章・円周と円の面積

↓タップで拡大↓おうぎ形の弧と面積

弧の長さは、円周の一部であるし、おうぎ形の面積は、円の面積の一部である。まずはこのことを意識しておきたい。

一周は360°であるから、普通の円=360°と考える。そして、おうぎ形の中心角は360°のうちの何度なのか、と考えればよい。

例えば120°であれば\(\frac{120}{360}\)となるし、280°であれば\(\frac{280}{360}\)となる。あとはこれを約分し、円周や円の面積とかけ算すれば、おうぎ形の弧の長さや面積が求められる。