多角柱・円柱の体積

前章・円錐の表面積を公式を使って求める

↓タップで拡大↓角柱・円柱の体積

表面積とは違い、今回は体積を求める。イメージとしては、「底面の面積を高さ分積み上げている」ものが体積だ。これはすなわち

底面積×高さ

で体積が求められることに等しい。

となればあとは底面積と高さを調べて、体積を求めるだけである。

三角柱だろうが、四角柱だろうが、円柱だろうが同じである。とにかく底面積を求めれば勝ちだ。

ちなみに表面積の単位は

\(m^2 や cm^2\)(平方メートル・平方センチメートル)

を使うが、体積の単位は

\(m^3 や cm^3\)(立方メートル・立方センチメートル)

を使う。二乗のことを「平方」、三乗のことを「立方」と言ったりするので、ついでに覚えておくといい。