三角形の合同条件

↓タップで拡大↓

三角形の合同条件

3組の辺が全て同じ長さの三角形を2つ書けば、全く同じものにしかならないことに気が付くだろう。逆に言えば、3組の辺の長さが全て等しければ、合同。

同じように、2組の辺の長さが同じで、さらにその間の角度も同じ三角形を2つ書くと、やはり全く同じ図形になるだろう。よって2組の辺とその間の角が等しければ、合同。

最後に、1組の辺の長さが等しく、その両端の角度が等しい三角形を2つ書いてみよう。三度同じ三角形になるはずだ。1組の辺とその両端の角が等しければ、合同。

これらの合同条件は、完全に暗記する必要がある。これから扱う合同の証明などで使用するので、まずは合同条件の暗記が絶対だ。

合同の記号は≡だ。△ABC≡△DEFのように使う。ちなみに△ABC=△DEFだと、△ABCと△DEFの面積が等しい、ということを表す。