円の性質の利用

前章・円と相似

円の性質の利用

証明は円周角の定理と、共通な角を使うだけなので容易だろう。

辺の長さの計算は少しややこしいかもしれない。とはいえ、相似の三角形を見つける→相似比を利用して辺の長さを求める、の繰り返しだ。対応させる辺に気を付ければ、比の式は作ることができるだろう。

相似比がわかりやすいように色分けしておいたが、それでも分かりづらい人は、三角形を一度横並びにして確かめてみるといい。