4つの数字で10を作るゲーム

計算力や数字に強くなるため、だけでなく、お手軽な暇つぶしになるゲームがある。それが4つの一桁の数字で四則演算し、合計を10にするゲームである。

部活の試合などで電車に乗る際、切符に書かれていたランダムな4つの数字を使って10を作り、その速さを友人と競っていた。ところが今は誰もがスイカを持っている時代。切符を買うことは少なくなっているに違いない。だが適当な4つの数字を挙げるだけで遊べるのだから、その手軽さは健在だ。いくつか例を挙げていこう。

第一問 4641

解答例:(4×4-6)×1

第二問 5902

解答例:9×0+5×2

第三問 2240

解答例:2×4+2+0

第四問 2231

\(3^2+(2-1)\)

このように2乗などを使ってみても面白い。

ナンバープレートなど、4桁の数字がランダムに書かれているものを見たら、是非やってみてもらいたい。なお、0240のように、がんばっても10が作れない数字の並びもあるが、一度考えてみることに価値がある。