正負の数・乗除計算

前章・途中式の書き方

↓タップで拡大↓正負の数乗除計算

リンゴを2つ持っている人が3人いる。全部でリンゴは何個あるだろうか。という質問は、日常的だし分かりやすい。かけ算も2×3=6で全部で6個ある、という計算は簡単だろう。

ところがマイナスの数を扱うようになると、リンゴを-2個持っている人が-3人いる、などという状況が出てくる。-2個のリンゴというものは視覚的にイメージできないため、分かりづらい。そこで上記のように、数直線を使ったイメージで考えてみると納得がいくと思う。

かけ算割り算のルールそのものは次の4つしかない。

  • +×+=+
  • -×+=-
  • +×-=-
  • -×-=+

あるいは

  • +÷+=+
  • -÷+=-
  • +÷-=-
  • -÷-=+

というものだ。

割り算では割り切れないときは分数にする癖をつけておくといい。10÷3=3.33333333….など割り切れない数があるので、中学以降、少数はあまり使わない。