正負の数・加減

前章・正負の数

↓タップで拡大↓正負の数・加減

ここに書いてある考え方は、学校で習うものと違うかもしれない。しかし、学校で習うことが全てではなく、さまざまな考え方が存在することも知ってほしい。

こんなの簡単だ、と思う人もいるだろう。しかし一方で、中学3年生でも正負の数の計算で戸惑ってしまう人もいる。そういった人こそ、学校で習った考え方から一度離れて、別の考え方を知ってほしいし、案外そちらの方が身につきやすかったりするものだ。

今回は「正の数を足す」「正の数を引く」ということについてのみの問題だ。一度見ただけで分かりづらかった人は、何度も数直線を使って理解してほしい。

数が大きい場合の計算も、なるべく暗算で出来るようにしておくといい。小学校で習った足し算引き算の筆算は、正直中学校ではほとんど使い物にならない。